沖縄・平和祈念公園

日本人なら・・・・世界の人に訪れて欲しい場所。

f0127021_165038.jpg


前回は、閉館30分前にざざっと回ったから、今日はじっくり観たい。

何故、沖縄が日本の中で唯一の陸上戦地になったのか。

何故、沖縄の人が戦場に巻き込まれたのか。

何故、沖縄独自の名前が強制的に変えられたのか。

何故、沖縄の人は徴兵制度を受け入れにくかったのか。

その時代、民族性、伝統、そこに根ざす魂。

もしも、私がその時代に生まれたら・・きっと親が言うこと、先生が言うこと

偉い人が言うこと、軍人が言うこと・・・それに洗脳されて生きると思う。

本当は~戦争なんて怖くって嫌でたまらないけど・・従うと思う。

家族が、友達が、好きな人が・・戦地へ行くのを涙をこらえて

「お国の為に」と口を揃えて見送ってしまうと思う。

本当は嫌でいやでたまらないのに。逃げる術なんて無い時代。

そんな時代の中で沖縄の人は「島人・海人」で有り続けた。

その強い魂に心惹かれる。

f0127021_181266.jpg



展示されている資料を一つ一つ読む。

戦争の生々しいパネルをみる。爆弾で飛ばされた粉々の遺体の山。

無表情で立ち尽くす老人たち。銃弾で倒れた幼児。

どれを見ても、何度見ても、いたたまれないんだよね。

f0127021_1144052.jpg


戦後の沖縄の町を再現。

f0127021_184512.jpg


回廊は光が燦々と降り注ぐ気持ちいい空間。

f0127021_19162.jpg


ここに立つ日はいつも小雨が振りそうな雲に覆われている。

f0127021_191577.jpg


多くの修学旅行生が訪れて居た。

f0127021_193276.jpg


国籍を問わず戦争で亡くなった方の名前が掘り込まれている。

f0127021_110215.jpg

[PR]

by isoisorin | 2011-07-01 01:05 | 2011.6.26~OKINWA