ダイビング・タンクとウエイト講座

~~~タンクとウエイト講座~~~

DM「沖縄ダイブの時、タンクはアルミ?スチール?それでウエイトが変わる。」

   
私 「??(;´▽`A``多分アルミ。(いい加減)沖縄は3KGのウエイトつけてた。」

DM「じゃー今回はスチールタンクだから2KGで。」と1本目ダイブした。


*アルミタンクは軽い分、スチールタンクよりウエイトを重くする。




1本目を無事潜り終えた。 やたらと海底で沈んでる私を見て

DM「結構、海底に沈んでたね。2KGは重い? 次、1KGにする?」

私 「急浮上が怖いから2本目は1,5KGにするよ。」


2本目ダイブ中、やたら不要なエアーが出る。(?_?)何で??

エアー消費が早く~~気になってしょうがない。

終盤、浅瀬に戻るとき。BCジャケットのエアーを抜いても身体が浮上する!!

ンモォー!! o(*≧д≦)o″)) 頭を下げて~沈もうと試みながら~あたふた。

やっぱりウエイトは2KGかな。



ダイビング終了後、DMさんにBCジャケットを見てもらったら~

パワーインフレータホース弁に石?が詰まりエアー調節が上手く出来ていなかった。

ウエイトの問題じゃなかった??  (・・?


あ~あ~やばし! 海の中でトラブルが起こらなくって良かった。ε-(´∀`*)ホッ



☆彡 DMさんの教え

1本目のエントリーで潜行がうまく行かなかったのは~

「慌ててたね♪ 潜行しながら・・・フィンキックしてたよ。」

( ̄◇ ̄;)エッ そりゃー沈まないよね!


「海に潜ったら上手いもんだよ。その前の緊張は不要。

エントリーに遅れても~皆、待たせとけばいい。急がなくってよろしい♪」


「ウエイトは2KGでいいね。1,5KGは急浮上する。」

「岩場でメンバーを見失ったら~~上を見上げてエアーを探せばいい。」

「レンタルのウエットは絶対着にくい。ISOさんにあう既製品はない。

ウェットがあわずストレスを感じるなら~フルオーダーで作りなさい。」


"\( ̄^ ̄)゛ハイ!!心得た!!

ちょっと成長したみたい♪ ご指導ありがとうございました♪


後日、沖縄ダイブの写真を確認したら~スチールタンクだった。

DM「そりゃ~~ウエイト1,5KGは浮くよ! ヽ( ̄ー ̄ ;)ノ 」

私 「そっか♪ でも2KGでOKだって~判った♪」

f0127021_152887.jpg



やっぱり~実技しながらその場で教えてもらったほうが判りやすい。
[PR]

by isoisorin | 2011-08-27 01:06 | 海・ダイビング